株式会社エレメントシステムは2004年度に千葉県中小企業経営革新支援法承認の、15年の歴史を持つ実績ある企業です。

千葉県中小企業革新支援法承認企業エレメントシステム

トップページ>>日本語データベースシステム桐>>桐forTES活用事例−商品概要

日本語データベースシステム桐を使える会社エレメントシステム

メタフレーム/ターミナルサーバ対応「桐」を紹介します。
ネットワークで桐を利用しているときにクライアントのレスポンスに不満を感じたり、外出先や自宅などからインターネット経由で会社のサーバに接続して、 桐データを利用したいと思ったことはありませんか?。そんな不満や希望をお持ちの方にご提案したいのが「桐forTSE-2005」です。

桐forTES活用事例−商品概要

桐 for TSE -2005 とは

「桐forTSE-2005」は、ターミナルサービスに対応した特別仕様の桐9-2005パッケージです。
ターミナルサービスは、WindowsR Server 2003 と WindowsR 2000 Server が標準で搭載する機能のひとつです。
WindowsR Server マシンのターミナルサービスに接続することにより、サーバ上で実行されている「桐」をクライアントから利用することができます。

実行環境

本製品をターミナルサーバ環境でご利用いただくには、以下のソフトウェアが必要です。

  • Microsoft® Windows® Server 2003 または Microsoft® Windows® 2000 Server
  • 桐を使用するクライアントの台数分、クライアント アクセス ライセンス(CAL)とターミナルサービス クライアント アクセス ライセンス(TS CAL)と呼ばれるライセンスが必要です。

桐のライセンス

ターミナルサービスで桐を使うには、「桐 for TSE -2005」が必要です。
商品には5ユーザ分の桐ライセンスが含まれており、同時に5台までのクライアントで桐をご利用いただけます。
同時に6台以上のクライアントで桐を利用するときは、足りないユーザ数の桐ライセンスを「桐9-2005 追加ライセンス」で補ってください。

例:13ユーザ分ご購入いただくとき

  • 桐 for TSE -2005 ... 1セット ( 5ユーザ )
  • 桐9-2005 追加ライセンス(5本) ... 1セット ( 5ユーザ )
  • 桐9-2005 追加ライセンス(1本) ... 3セット ( 3ユーザ )

サポート

本製品のサポートは、桐のシステム開発を専門におこなっている”SIディラー”が有償でおこないます。 管理工学研究所のユーザサポート窓口は、本製品についての技術的サポートを用意していません。 なお、一般的な桐の質問(表の操作手順など)にはお答えします。

通常版からのアップグレード

通常版の桐からアップグレードすることはできません。
たとえ、通常版の桐をお持ちであっても、新規に「桐 for TSE -2005」をお買い求めいただくこととなりますので、ご了承ください。
なお、通常版の桐9-2005のライセンスをお持ちの場合は、その桐ライセンスを6ユーザ目以降のライセンスとしてご利用いただくことが可能です。

この場合、Windows® Server のクライアント アクセス ライセンス(CAL)やターミナルサービス クライアント アクセス ライセンス(TS CAL)も、接続して利用するユーザの数だけ必要となりますので、ご注意ください。